天地有情の哲学

伊藤勝彦 著

主客対置の呪縛から解き放たれれば、これは主観に映じた観相と解釈できる。主観のいかんと関わりない客観的世界があるとするデカルト的近代の思想の堆積から離れ、情念的、情感的に自他通底する「天地有情」の世界を模索する。その最晩年に認識論から転回し、「世界は感情的であり、自分の心の中の感情も、世界全体の感情の一つの前景にすぎない」ことを見いだした大森荘蔵、心の深部にある根源的なものを求めて自らの魂の帰りつく道を探しつづけた森有正。二人の先達の思索を再評価し、過去の情念から立ち上がる"天地有情"の観念と世界構造を考察する哲学の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 天地有情・自他通底の世界
  • 2 反復強迫としての時間
  • 3 二元論という原罪について
  • 4 共同存在の可能性の情感的基礎
  • 5 情意の影を宿した経験
  • 6 デカルト的近代を超えて
  • 7 例外者としての森有正
  • 8 他我認識の罠
  • 9 言語ゲーム一元論批判
  • 終章 失われし時を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天地有情の哲学
著作者等 伊藤 勝彦
書名ヨミ テンチ ウジョウ ノ テツガク
書名別名 Tenchi ujo no tetsugaku
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.4
ページ数 221p
大きさ 15cm
ISBN 4480085483
NCID BA4624837X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20068089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想