日本帝国主義の形成と東アジア

井口和起 著

本書は、まず、第一は、19世紀末期から20世紀初頭、日清・日露戦争をへて韓国「併合」にいたる時期の日本が、世界政治のなかで占めた位置とその特質とを描き出す。そして、日本のこの帝国主義化に批判的な思想が、当該時期の日本のなかでどのように形成され、如何なる特質をもっていたかの一端を考察する。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1部 日本帝国主義の形成と東アジア(日本帝国主義の形成と国際的契機-研究史試論
  • 日英同盟と日本の韓国侵略-日清戦争から日露戦争への一過程
  • 日清・日露戦争論
  • 辛亥革命と大正政変
  • 韓国「併合」)
  • 第2部 日本帝国主義批判の思想(幸徳秋水『廿世紀之怪物帝国主義』について
  • 幸徳秋水の「帝国主義」認識-『廿世紀之怪物帝国主義』以前
  • 『東洋経済新報』の植民政策論-1910年代の朝鮮政策論を中心として
  • 本書収録論文の位置と若干の補足-むすびにかえて)
  • 補論 日清戦争をとりまく国際環境

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文目録
  • 目次 / p1
  • 総論篇 日露戦争の時代
  • はじめに / p1
  • 第一章 戦争への道程 / p6
  • 第一節 日本の新たな軍備拡大 / p6
  • 第二節 「世界政策」の時代 / p19
  • 第三節 「分割」される清国 / p28
  • 第二章 日露開戦へ / p36
  • 第一節 東アジアをめぐる日本とロシア / p36
  • 第二節 開戦論の形成 / p48
  • 第三章 日露戦争 / p65
  • 第一節 苦戦の連続 / p65
  • 第二節 戦場-朝鮮と中国- / p78
  • 第三節 ロシアの戦争 / p89
  • 第四節 戦争と「列強」 / p96
  • 第四章 日露戦争と国民意識 / p103
  • 第一節 日露戦争と国民 / p103
  • 第二節 「日露戦争史像」の形成 / p125
  • 第五章 戦後東アジアの世界と日本 / p133
  • 第一節 「西方覇道の猟犬」 / p133
  • 第二節 「立憲制」と「帝国主義」 / p147
  • 終章 国際社会と国家と個人 / p155
  • 総論篇 日露戦争の時代補注
  • はじめに 補注 / p1
  • 第一章 戦争への道程 補注 / p2
  • 第一節 日本の新たな軍備拡大 補注 / p2
  • 第二節 「世界政策」の時代 補注 / p3
  • 第三節 「分割」される清国 補注 / p11
  • 第二章 日露開戦へ 補注 / p12
  • 第二節 開戦論の形成 補注 / p12
  • 第三章 日露戦争 補注 / p14
  • 第一節 苦戦の連続 補注 / p14
  • 第四章 日露戦争と国民意識 補注 / p23
  • 第一節 日露戦争と国民 補注 / p23
  • 第二節「日露戦争史像」の形成 補注 / p49
  • 第五章 戦後東アジアの世界と日本 補注 / p63
  • 第二節 「立憲制」と「帝国主義」 補注 / p63
  • 終章 国際社会と国家と個人 補注 / p65
  • 各論篇(第一部)日本帝国主義の形成と東アジア
  • 序章 日本帝国主義の形成と国際的契機-研究史試論- / p1
  • 第一節 世界的範疇としての帝国主義 / p1
  • 第二節 「極東の憲兵」 / p11
  • 第三節 日本帝国主義の国際的契機 / p24
  • 第一章 日英同盟と日本の韓国侵略 / p40
  • 第一節 韓国をめぐる日本とロシア / p42
  • 第二節 清国分割と日本 / p59
  • 第三節 日英同盟と韓国侵略 / p74
  • 第二章 日清・日露戦争論 / p90
  • 第一節 日清戦争の歴史的位置 / p90
  • 第二節 帝国主義と戦争の危機 / p102
  • 第三節 「極東問題」と日本の戦争準備 / p109
  • 第四節 日露戦争 / p120
  • 第三章 辛亥革命と大正政変 / p130
  • 第一節 辛亥革命-「アジアのめざめ」 / p130
  • 第二節 二〇世紀初頭のアジアにおける帝国主義 / p140
  • 第三節 大正政変 / p153
  • 第四章 韓国「併合」 / p166
  • 第一節 日露戦争後のアジアと日本 / p166
  • 第二節 韓国「併合」 / p180
  • 第三節 植民帝国 / p201
  • 各論篇(第二部)日本帝国主義批判の思想
  • 第一章 幸徳秋水『廿世紀之怪物帝国主義』について / p215
  • はじめに / p215
  • 第一節 義和団事件と幸徳秋水 / p219
  • 第二節 『廿世紀之怪物帝国主義』 / p237
  • むすび / p249
  • 第二章 幸徳秋水の「帝国主義」認識 / p253
  • はじめに / p253
  • 第一節 「帝国主義」認識の出発 / p255
  • 第二節 「政策論」の基調と動揺 / p265
  • 第三節 「帝国主義」批判への課題 / p276
  • 第三章 『東洋経済新報』の植民政策論 / p281
  • はじめに / p281
  • 第一節 朝鮮経営論とその諸特徴 / p285
  • 第二節 朝鮮政策批判から植民地放棄論へ / p298
  • 第三節『東洋経済新報』の植民政策論 / p315
  • 終章 本稿各論篇収録論文の位置と若干の補足 / p321
  • 【補論】日清戦争をとりまく国際環境 / p333

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本帝国主義の形成と東アジア
著作者等 井口 和起
書名ヨミ ニホン テイコク シュギ ノ ケイセイ ト ヒガシアジア
出版元 名著刊行会
刊行年月 2000.4
ページ数 311p
大きさ 22cm
ISBN 4839003106
NCID BA46202018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20120242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想