光センサとその使い方 : 種類・特徴・回路技術

谷腰欣司 著

本書は、光センサの特徴、使い方などを学ぼうとする方々のために、基本的な知識がひととおり身に付くよう、具体例を沢山取り上げ、やさしく解説。特に、光センサの理論や物性的なものはできるだけ避け、その種類、特徴などを中心にまとめている。さらに、光センサの特性表などを取り上げ、それらの読み方などについてもやさしく解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 光センサとは(センサとは
  • センサの種類
  • センサの機能範囲 ほか)
  • 第2章 フォトダイオード(フォトダイオードとは
  • フォトダイオードの分類
  • フォトダイオードの物性的構造による分類 ほか)
  • 第3章 フォトトランジスタ(フォトトランジスタとは
  • フォトトランジスタの応答特性
  • フォトトランジスタの暗電流 ほか)
  • 第4章 CdS光導電セル(CdSセルとは
  • CdSセルの諸特性
  • CdSセルの許容損失 ほか)
  • 第5章 その他の光センサ(太陽電池(Solar Battery=Solar Cell)
  • アモルファスシリコンフォトダイオード
  • カラーセンサ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光センサとその使い方 : 種類・特徴・回路技術
著作者等 谷腰 欣司
書名ヨミ ヒカリ センサ ト ソノ ツカイカタ : シュルイ トクチョウ カイロ ギジュツ
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2000.3
版表示 第2版.
ページ数 214, 8p
大きさ 21cm
ISBN 4526045381
NCID BA46194215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20050190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想