戦後「翻訳」風雲録 : 翻訳者が神々だった時代

宮田昇 著

中桐雅夫、鮎川信夫、田村隆一、高橋豊、宇野利泰、田中融二、亀山龍樹、福島正実、清水俊二、斎藤正直、早川清。すでに神々になった翻訳者に触れながら、翻訳出版の編集者、翻訳権エージェントの両方からかかわりあいを持った著者だけが書ける逸話を捨った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 詩人たちが神であった時
  • 奇人が神であった時
  • 児童文学者が神であった時
  • 編集者が神であった時
  • 映画字幕者が神であった時
  • 大学教員が神であった時
  • 出版者が神であった時

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後「翻訳」風雲録 : 翻訳者が神々だった時代
著作者等 宮田 昇
書名ヨミ センゴ ホンヤク フウウンロク : ホンヤクシャ ガ カミガミ ダッタ ジダイ
書名別名 Sengo hon'yaku fuunroku
出版元 本の雑誌社
刊行年月 2000.3
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 4938463881
NCID BA46185316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20055024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想