日本昔話の構造と語り手

川森博司 著

遠野物語に生きる庶民の思想。昔話を土地の言葉の「語り」で地域おこしをする岩手県遠野の実践例。日本昔話と韓国民話の比較分析。この二つの方向から地域社会の深層とその変貌を探ろうとする意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本昔話の構造(昔話の構造分析の課題
  • 韓国口承説話の分類体系の検討
  • 異類婚姻譚の類型分析
  • 富の獲得をめぐる昔話
  • 来訪者をめぐる昔話)
  • 第2部 新しい語り手論にむけて(語り手への視点と語りの場の変容
  • 観光の場の昔話と語り手
  • 岩手県遠野の観光の現場から(資料)
  • 語り手の実践への視点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本昔話の構造と語り手
著作者等 川森 博司
書名ヨミ ニホン ムカシバナシ ノ コウゾウ ト カタリテ
書名別名 Nihon mukashibanashi no kozo to katarite
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2000.2
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 4872590686
NCID BA46184572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想