漢字の潮流

戸川芳郎 編

漢字はコンピューターと共存できるのか?「日本漢字能力検定」の受験生が100万人を突破。中国で生まれ、中華思想とともにアジアに広がった漢字は、各国で政治的、あるいは文化的な影響を受けさまざまな変遷を遂げた。コンピューター時代の今、これからの漢字文化の行方を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本文化と漢字(漢字とは何か-文字の再認識にまつわる雑感
  • 日本語の正書法と漢字
  • 戦後の漢字施策とその影響
  • 寺子屋と漢字教育)
  • 2 鼎談・コンピュータ時代の漢字-漢字の国際コード系をめぐって
  • 3 諸外国、諸文明における漢字(韓民族・韓国における漢字の伝統と現在
  • ベトナムの漢字文化-伝統と現在
  • 中国少数民族の変形漢字
  • 東南アジア華人と漢字文化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字の潮流
著作者等 戸川 芳郎
書名ヨミ カンジ ノ チョウリュウ
シリーズ名 シリーズ国際交流 6
出版元 国際文化交流推進協会 : 山川出版社
刊行年月 2000.4
ページ数 184p
大きさ 19cm
ISBN 4634471604
NCID BA46181009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20059320
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想