翻訳と日本文化

芳賀徹 編

外国から新しい文化を学んできた日本人。その言語は原文ではなく翻訳という形で取り入れられ、広まった。「翻訳」の観点から、日本の文化の歴史を探り、日本人のアイデンティティーに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 翻訳が紡ぐ日本文化史(名詩名訳の文化史的系譜-異文化遭遇の現場
  • 日本人の教養の伝統をめぐって-中国文学・文化受容史
  • 受胎告知-キリシタンの翻訳と絵画 ほか)
  • 2 訳される日本文学(ただいま翻訳中-三つ目の英訳『源氏物語』
  • 象のつくり方-村上春樹を訳して
  • 冒険の時代-韓国の「村上春樹現象」 ほか)
  • 3 翻訳の舞台裏(翻訳ビジネスの舞台裏
  • 翻訳と外交
  • 映画字幕の世界と翻訳者-一秒四文字の決断)
  • 4 座談会・日本という翻訳の宇宙-文化を映す翻訳・翻訳が映す文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翻訳と日本文化
著作者等 Keene, Donald
Rubin, Jay
Tyler, Royall
上田 真
中西 進
井波 律子
劉 岸偉
吉田 忠
小田島 雄志
尹 相仁
山崎 剛太郎
村上 春樹
沢田 博
米井 力也
芳賀 徹
高橋 英夫
北村 大
書名ヨミ ホンヤク ト ニホン ブンカ
書名別名 Hon'yaku to nihon bunka
シリーズ名 シリーズ国際交流 5
出版元 国際文化交流推進協会
刊行年月 2000.4
ページ数 194p
大きさ 19cm
ISBN 4634471507
NCID BA46180607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20059295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想