介護保険とホームヘルパー : ホームヘルプ労働の原点を見つめ直す

石田一紀 ほか著

いま介護保険で、ホームヘルパーの仕事の真髄が問われている。本書は、「ホームヘルプ労働の本質とは何か、その原点はどこにあるか」を問い直し、在宅ケアの要といわれるホームヘルパーの真の評価と明日への展望をきりひらく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 介護保険とホームヘルパーの実践的課題
  • 第2章 明日をひらくホームヘルプ労働
  • 第3章 ホームヘルパーの介護過程とその専門性
  • 第4章 公的労働としてのホームヘルプ-ホームヘルプ労働の発展と労働組合運動
  • 第5章 問われるホームヘルプ労働の本質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 介護保険とホームヘルパー : ホームヘルプ労働の原点を見つめ直す
著作者等 植田 章
石田 一紀
三輪 道子
西岡 ミツ子
大石 康子
書名ヨミ カイゴ ホケン ト ホームヘルパー : ホーム ヘルプ ロウドウ ノ ゲンテン オ ミツメナオス
書名別名 Kaigo hoken to homuherupa
出版元 萌文社
刊行年月 2000.3
ページ数 230p
大きさ 21cm
ISBN 4894910063
NCID BA46171297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20143035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想