アジア史における法と国家

中央大学人文科学研究所 編

[目次]

  • 国家制度の比較史的分析のための序説
  • 中国古代の法典編纂について
  • 市に集まる人々
  • 隋唐時代のタングートについて-西夏建国前史の再検討
  • 日本・高麗関係に関する一考察-長徳3年(997)の高麗来襲説をめぐって
  • 沈万三一族の藍玉の獄
  • 親族へのサダカの分配について-初期法学派の学説と預言者のスンナ
  • マムルーク朝における遺産相続-セント・カテリーヌ修道院文書の事例から
  • 16世紀オスマン朝のエジプト支配についての若干の考察-アラビア語とトルコ語の年代記史料の性格をめぐって
  • イギリスのインド統治機構の再編成-1858‐72年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジア史における法と国家
著作者等 中央大学人文科学研究所
菊池 英夫
中央大人文科学研究所
書名ヨミ アジアシ ニ オケル ホウ ト コッカ
シリーズ名 中央大学人文科学研究所研究叢書 23
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2000.3
ページ数 430p
大きさ 22cm
ISBN 4805742054
NCID BA46169841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20059040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想