映画狂人日記

蓮實重彦 著

東京大学総長襲名後、はじめての映画論集!これは、'90年代を中心に今日までに到る、寸暇を惜しんで映画館に出かけ、映画祭を仕掛け、映画とかかわり、映画を擁護し続けてきた、映画に魂を売り渡した男の、赤裸々なドキュメンタリーである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 映画日記-1992‐1993(いま、映画は頑ななまでにおし黙っている。そんな映画の沈黙と批評家はどのようにつきあえばよいのか。
  • 「すべての映画はアメリカ映画だ」(ゴダール)とは間違ってもいえなくなってしまったハリウッド映画の惨状を前にして、人は、来るべき世紀に向けて、映画への「期待」をどのように組織すればよいのか。 ほか)
  • 2 映画行脚-1994‐1998(ムラートワの発見、または甘美なまでの無知
  • 侯孝賢『戯夢人生』 ほか)
  • 3 イベントとしての映画-1992‐2000(映画で夜もすがら
  • 「レンフィルム祭」を企画して ほか)
  • 4 そして映画はつづく-1985‐(偉大なる中断の天才は逝った-追悼オーソン・ウェルズ
  • 増村保造のために-追悼増村保造 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画狂人日記
著作者等 蓮実 重彦
書名ヨミ エイガ キョウジン ニッキ
書名別名 Eiga kyojin nikki
出版元 河出書房新社
刊行年月 2000.3
ページ数 329p
大きさ 19cm
ISBN 4309264018
NCID BA46161839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20054678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想