ラオ人社会の宗教と文化変容 : 東北タイの地域・宗教社会誌

林行夫 著

「ラオ語を使え、ここはラオ人の村だ。『シャム語』はいらん」。筆者を叱りつけた東北タイの1老人は、しかし、ラオスの人々からは、「イーサン(東北タイ人)に過ぎない」と冷ややかな眼差しを投げかけられる-では、いったい、「ラオ人社会」とは何か?タイ・ラオス二国に跨り、17年に及ぶフィールド調査に基づいた詳細な民族誌から、地域に根ざす精霊祭祀と上座仏教の実践が、国家編制や社会変化の過程の中でいかに生成・分化し、変容したかを明らかにする。東南アジア社会に通底する地域のダイナミズムに迫る意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 本書の課題と目的
  • 第1章 東南アジアの上座仏教徒社会研究と課題
  • 第2章 「ラオ」人社会はどこにあるか
  • 第3章 東北タイにおけるラオ人集落の形成過程と宗教構成
  • 第4章 村落宗教の構造と変容
  • 第5章 東北タイにおける仏教とモータム
  • 第6章 村落宗教の変節と「森の寺」
  • 終章 ラオ人社会の現在と宗教実践の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラオ人社会の宗教と文化変容 : 東北タイの地域・宗教社会誌
著作者等 林 行夫
書名ヨミ ラオジン シャカイ ノ シュウキョウ ト ブンカ ヘンヨウ : トウホク タイ ノ チイキ シュウキョウ シャカイシ
書名別名 Raojin shakai no shukyo to bunka hen'yo
シリーズ名 地域研究叢書 12
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2000.4
ページ数 476p
大きさ 23cm
ISBN 4876984026
NCID BA4615714X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20059020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想