同時代の読み方

内橋克人 著

的確な状況認識と厳しい現実批判で知られるジャーナリストの旺盛な活動を支えてきたものは何か。情報収集の手段としての読書をめぐって、書物の読み方から何をどう読むべきかまで、百数十冊の具体的作品を俎上に載せて論じる刺激的な読書エッセイ。バブルの最中にも、そしてバブル崩壊後も時流に流されることなく時代の先を読み、今日を予見し厳しい警鐘を鳴らし続けた著者の真骨頂がよく表れた優れた同時代論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 教養主義と批判精神
  • 2 「時代」を読む(科学・技術への批判的まなざし
  • 文化的無知は克服されたか
  • 日米対立の構図-平等の再検討
  • つぎはぎだらけの日本舞台裏
  • 「現場」を凝視するものの輝き
  • アグネス・スメドレーと日本の岐路
  • 「ポーランドの冬」とヒロシマ
  • 複線読書法のすすめ
  • エリート官僚が引き起こす日米関係の危機
  • 軽視される人間生存の基盤 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 同時代の読み方
著作者等 内橋 克人
書名ヨミ ドウジダイ ノ ヨミカタ : ワタクシ ノ ドクショジュツ
書名別名 私の読書術
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.3
ページ数 295, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4000241141
NCID BA46152612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20056928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想