冠危険因子

松澤佑次 編

本書では、冠動脈疾患の成因についてこの危険因子という視点で捉え、それぞれについて、どのくらい発症に貢献するのか?どのようなメカニズムで血管病変を起こすのか?その対策はどうなのか?などについて解説した。図表に重点を置いて記述している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 動脈硬化研究-危険因子から分子生物学的研究へ
  • 第1章 疫学(冠危険因子疫学研究の検証)
  • 第2章 メカニズム(動脈硬化のメカニズムと危険因子の関連
  • 高脂血症と動脈硬化 ほか)
  • 第3章 Acute Coronary Syndrome(冠疾患におけるAcute Coronary Syndrome発症の意義
  • Acute Coronary Syndromeの病態生理)
  • 第4章 冠スパズム(冠スパズムの遺伝因子
  • 冠スパズムの環境因子)
  • 第5章 危険因子の管理(高脂血症治療の効果-大規模スタディの検証
  • プラークの安定化を目指した治療 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冠危険因子
著作者等 松沢 佑次
書名ヨミ カン キケン インシ
シリーズ名 目でみる循環器病シリーズ 15
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 2000.4
ページ数 160p
大きさ 26cm
ISBN 489553748X
NCID BA4613991X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20057324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想