コミュニケーション理論の射程

入江幸男, 霜田求 編

本書は、実践哲学としてのコミュニケーション理論の基本的な枠組みを整理し、その有効性を検証する。また社会理論としてのコミュニケーション理論の問題点を、アーペル、ハーバーマス、ホネットらの議論を手掛かりに検討し、様々な実践的課題に取り組む際の基本的スタンスを解明する。更に、公共的討議、社会問題、テクスト解釈などのより特殊な主題に関してのコミュニケーション理論の具体的な展開の可能性をも示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 コミュニケーション理論の基礎(道徳の手続き的形式性とコミュニケーション
  • コミュニケーションと道徳・倫理・政治-公共的自律の可能性)
  • 2 コミュニケーション理論と実践(コミュニケーション理論と共同体論的なもの
  • 主体哲学の克服と討議理論の可能性
  • 承認と排除-相互承認論の構造と限界)
  • 3 コミュニケーション理論の展開(公共的討議とそのアクチュアリティ
  • 社会問題とコミュニケーション
  • テクストと解釈-ハーバーマスの文学論をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニケーション理論の射程
著作者等 入江 幸男
霜田 求
書名ヨミ コミュニケーション リロン ノ シャテイ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2000.3
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 4888485550
NCID BA46133593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20055026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想