ノモンハンの地平 : ホロンバイル草原の真実

細川呉港 著

今も草原で暮らすモンゴル人や中国人の生活や文化を、深い洞察力と鋭い観察眼で描いた力作。ノモンハン事件の真相、戦争末期のハイラル地下要塞の攻防戦の実態、ハルハ河国境確定問題など、証言と現地の写真、収集した当時の地図を駆使して再現、考証する異色の草原紀行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ホロンバイル草原紀行(草原の生活
  • ホロンバイルの大草原 ほか)
  • 第2部 ハイラル地下要塞の防衛戦(日本人の感情
  • 中国人の感情 ほか)
  • 第3部 ノモンハン戦争から何を学ぶべきか(戦争は外交の一手段
  • 歴史を見る冷静さ ほか)
  • 第4部 砂に埋もれた忠霊碑(旅のアンテナ
  • ノモンハンの忠霊塔 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ノモンハンの地平 : ホロンバイル草原の真実
著作者等 細川 呉港
書名ヨミ ノモンハン ノ チヘイ : ホロンバイル ソウゲン ノ シンジツ
出版元 光人社
刊行年月 2000.1
ページ数 299p
大きさ 20cm
ISBN 4769809433
NCID BA46103956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20031864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想