中間言語分析 : 英語冠詞習得の軌跡

水野光晴 著

本書は、言語対照分析と誤答分析の欠点を補うために筆者が体系化した中間言語分析について述べたものである。中間言語分析は、ある研究対象項目の動態を、中間言語発達の全過程にわたる実験データにもとづいて追跡し、その原因を明らかにして、外国語教育の改善を目指す病理学的アプローチである。筆者は、そのモデルケースとして、本実験と5回の追試を合わせて約2800名の日本人を対象に英語の冠詞使用に関する中間言語分析を行い、言語情報処理理論と認知意味論の観点から、英語冠詞の選択原理を図式化している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 理論的概観
  • 第2章 問題・想定・仮説
  • 第3章 実験方法
  • 第4章 結果と考察
  • 第5章 追試実験
  • 第6章 要約と示唆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中間言語分析 : 英語冠詞習得の軌跡
著作者等 水野 光晴
書名ヨミ チュウカン ゲンゴ ブンセキ : エイゴ カンシ シュウトク ノ キセキ
出版元 開拓社
刊行年月 2000.2
ページ数 291p
大きさ 21cm
ISBN 4758921032
NCID BA46093342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20080966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想