生命の哲学

竹田純郎 著

DNAの時代にニーチェとハイデガーで試みる生命論。哲学と生物学の対話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 なぜ、いま生命の哲学なのか
  • 第1章 神話のなかの生命-ディオニュソス
  • 第2章 「こと」としての生命
  • 第3章 調和としての生命-「生命の目的論」再考
  • 第4章 渾沌としての生命
  • 第5章 進化する生命-ダーウィニズムの検討
  • 第6章 環境に関わる生命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命の哲学
著作者等 竹田 純郎
書名ヨミ セイメイ ノ テツガク
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2000.3
ページ数 256p
大きさ 20cm
ISBN 4888485569
NCID BA46084341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20055009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想