生化学 : 分子から病態まで

香川靖雄 編 ; 太田敏子 ほか著

生命の基本三要素は、物質・情報・エネルギーである。さらに生体の情報は生体膜のシグナル伝達と、遺伝情報に大別される。そこで本書は、第1部生体分子の構造と機能、第2部生体膜とシグナル伝達、第3部遺伝子と遺伝子発現および制御機構、第4部代謝とエネルギーの4部の基礎に立って、第5部臓器・組織の生化学を解説するように構成した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 生化学を学ぶにあたって
  • 第1部 生体分子の構造と機能
  • 第2部 生体膜とシグナル伝達
  • 第3部 遺伝子と遺伝子発現および制御機構
  • 第4部 代謝とエネルギー
  • 第5部 臓器・組織の生化学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生化学 : 分子から病態まで
著作者等 三木 邦夫
原 諭吉
太田 敏子
川村 越
平田 肇
竹安 邦夫
香川 靖雄
書名ヨミ セイカガク : ブンシ カラ ビョウタイ マデ
出版元 東京化学同人
刊行年月 2000.2
ページ数 356p
大きさ 27cm
ISBN 4807905112
NCID BA46075475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20044078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想