盗まれたフェルメール

朽木ゆり子 著

東パキスタン難民を支援したり、獄中のIRAテロリストを故郷に移動させるためにフェルメールの絵を盗む。自分の刑期の短縮交渉のために、手下にレンブラントの絵を盗ませる。武器・弾薬と交換するために名画を盗む…。絵画泥棒が絵を盗む動機は私たちの想像を遙かに超えている。犯罪者にとって絵はどんな価値を持っているのだろうか?そう考えることで、私たちの絵を見る眼も変わる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 空の額縁
  • ガードナー夫人のフェルメール
  • 史上最大の美術品泥棒-ガードナー美術館事件
  • 現代の美術品窃盗を解剖する
  • 美術品はなぜ盗まれるのか
  • 義賊に盗まれた「恋文」
  • アート・テロリズムの幕開け-「ギターを弾く女」の盗難
  • 女性アート・テロリスト「手紙を書く女と召使い」を盗む
  • 窃盗犯に悪運をもたらしたフェルメール
  • 暗礁に乗り上げたガードナー事件捜査〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 盗まれたフェルメール
著作者等 朽木 ゆり子
書名ヨミ ヌスマレタ フェルメール
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2000.3
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4106005859
NCID BA46065303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20052599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想