物語文学の誕生 : 万葉集からの文学史

古橋信孝 著

万葉集には王朝物語につながる太いパイプがあった!素材の扱いや表現などを通して、従来見過ごされていた万葉人の創作意識を探る。万葉集から平安期の物語文学へ展開していく文芸世界を解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の文学を生んだ万葉集
  • 第1章 物語を書く文体の成立
  • 第2章 話型と歌物語
  • 第3章 伝承と物語
  • 第4章 歌の物語と歌物語
  • 第5章 竹取の翁の歌と竹取物語
  • 第6章 奈良時代の言語と生活
  • 第7章 宗教と歌のひろがり
  • 第8章 書き手の登場
  • 終章 平安期の歌物語文学へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語文学の誕生 : 万葉集からの文学史
著作者等 古橋 信孝
書名ヨミ モノガタリ ブンガク ノ タンジョウ : マンヨウシュウ カラノ ブンガクシ
シリーズ名 万葉集 9
角川叢書 9
出版元 角川書店
刊行年月 2000.3
ページ数 229p
大きさ 20cm
ISBN 4047021105
NCID BA46040255
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063805
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想