聖書と日本人

鈴木範久 監修 ; 月本昭男, 佐藤研 編

本書は、主として聖書の言葉と思想を中心にして、その日本の文化や社会における影響にしぼって書かれている。まず聖書の日本語への翻訳の文化的、社会的な問題からはじめ、キリシタン時代の歴史、近代日本の文学、教育、人権、女性解放、平和の諸方面における影響が、多角的に述べられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 聖書の日本語訳-略史と問題
  • 2 旧約聖書の日本語訳
  • 3 新約聖書と翻訳
  • 4 キリシタンと聖書
  • 5 聖書と日本文学-太宰治を中心に
  • 6 聖書と私塾
  • 7 聖書と日本の女子教育
  • 8 廃娼と聖書
  • 9 聖書と日本の人権
  • 10 聖書と日本の非戦論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖書と日本人
著作者等 佐藤 研
月本 昭男
鈴木 範久
書名ヨミ セイショ ト ニホンジン
書名別名 Seisho to nihonjin
シリーズ名 宝積比較宗教・文化叢書 7
出版元 大明堂
刊行年月 2000.3
ページ数 183p
大きさ 22cm
ISBN 4470201073
NCID BA46039176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20051757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想