リー群論

杉浦光夫 著

本書は、リー群論の基礎的な部分を解説したもので、リー群とリー環の対応を与えるリー理論を扱う。本書は、self‐containedとなるように努めた。この本を読むための予備知識としては、微積分、線型代数の他は、代数学と位相空間論のごく基礎的な事柄だけを仮定している。代数では、群、環、体と準同型写像の定義程度、位相空間については、定義とコンパクト空間の基本性質ぐらいを仮定する。それを越える知識を用いるときは、本文または付録で説明した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 多様体
  • 第2章 リー群とリー環
  • 第3章 リー部分群
  • 第4章 局所同型と被覆群
  • 第5章 リー環の基礎理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リー群論
著作者等 杉浦 光夫
書名ヨミ リー グンロン
書名別名 Ri gunron
出版元 共立
刊行年月 2000.3
ページ数 458p
大きさ 22cm
ISBN 4320016378
NCID BA46033828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20054434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想