ハイカルチャー

青木 保;川本 三郎;筒井 清忠;御厨 貴;山折 哲雄【編】

ハイソサエティが担う文化の幻影と実像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本におけるハイカルチャーの位置(オンリー・コネクト…-吉田健一の東京
  • 軽井沢はハイカルチャーか
  • ハイカルチャーへの夢と西洋趣味-石川啄木の西洋幻想
  • 鍋島家の日常生活-戦前を中心に)
  • 2 開花する文化の諸相(文檀の成立と崩壊
  • 教養主義・根性主義・技術主義-近代日本の西洋音楽理解をめぐって
  • 国語辞典の利用者の系譜
  • 人生のお荷物、市民の供物 映画はミディアム・クールである ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイカルチャー
著作者等 加藤 幹郎
坪内 祐三
岡田 暁生
御厨 貴
武藤 康史
永谷 健
芳賀 徹
青木 保
鷲田 清一
山折 哲雄
筒井 清忠
鍋島 京子
川本 三郎
書名ヨミ ハイ カルチャー
書名別名 Hai karucha
シリーズ名 近代日本文化論 / 青木保 ほか編 3
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.3
ページ数 214p
大きさ 22cm
ISBN 4000263331
NCID BA46018755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20057046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想