やさしい看護理論 : 現場で活かせるベースの考え方

城ヶ端初子 著

本書では、難しいとされている看護理論をやさしく理解しやすくするために、事例を盛り込み、各章の終わりに「まとめ」を設け現場で使えるように試みました。本書はどの章からでも活用できます。読者の看護理論を使った看護の実践に役立てて下さい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 看護理論を学ぶにあたって-どうして現場に理論が必要なのか?
  • 看護理論の変遷-これまでの理論の傾向とこれからの方向性
  • ナイチンゲールの看護理論
  • ヘンダーソンの看護理論
  • ロジャーズの看護理論
  • オレムの看護理論
  • トラベルビーの看護理論
  • ロイの看護理論
  • 危機理論と危機介入
  • 役割理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やさしい看護理論 : 現場で活かせるベースの考え方
著作者等 城ケ端 初子
書名ヨミ ヤサシイ カンゴ リロン : ゲンバ デ イカセル ベース ノ カンガエカタ
シリーズ名 Medicus my book series 1
メディカ・マイブックシリーズ 1
出版元 メディカ
刊行年月 2000.2
ページ数 113p
大きさ 21cm
ISBN 4895739244
NCID BA4601217X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20130120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想