フランス・ルネサンスの世界

二宮敬 著

エラスムス、ラブレー研究をはじめとするフランス・ルネサンス文学・歴史研究の第一人者の、深い学殖と厳しい実証性の上に立って織りなされた文業の精粋を集成する著作集。ユマニスム、活版印刷、書物、寛容論などのテーマを軸に、ルネサンスの真実に迫る白眉の論集。恩師・渡辺一夫氏への追懐を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ルネサンスの諸問題-ユマニスム・活字文化・寛容(ルネサンスの人間-時代の展望
  • ユマニスム(ヒューマニズム)とは何か-事典ふう定義の試み ほか)
  • 2 エラスムスをめぐって(エラスムス素描-事典ふうに
  • エラスムスの通った道 ほか)
  • 3 ラブレー雑話(ラブレーはどう読まれてきたか
  • ラブレー素描-事典ふうに ほか)
  • 4 模索と彷徨(年の初めについて
  • グレゴリウス暦の採用 ほか)
  • 5 渡辺一夫先生のことなど(フランソワ・ラブレーと日本
  • 偽書について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス・ルネサンスの世界
著作者等 二宮 敬
書名ヨミ フランス ルネサンス ノ セカイ
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.3
ページ数 573, 15p
大きさ 22cm
ISBN 4480838082
NCID BA46005210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20060996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想