実践と場所  第1巻

黒田寛一 著

唯物論的"場所の哲学"の生誕!日本の精神的風土に即して、西田・田辺・三木・和辻の観念論哲学のエッセンスを吸収した場所論。言語的表現と「人‐間」的実践を基軸にして、場所の現在性・歴史性・社会性を論じ、技術文明と文化との関係を究明。闇のなかの白熱の炎が本書において燃えあがる!随想風に綴られた型破りの「哲学ならぬ哲学」の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • A 場所の現在性
  • B 場所の歴史性
  • C 場所の社会性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実践と場所
著作者等 黒田 寛一
書名ヨミ ジッセン ト バショ
書名別名 Jissen to basho
巻冊次 第1巻
出版元 こぶし書房
刊行年月 2000.3
ページ数 707p
大きさ 22cm
ISBN 4875591411
NCID BA45962377
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20044544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想