東アジアの経済発展と国際経済

上野秀夫 編著

本書は、近年著しいスピードで成長を続けてきた東アジア諸国の経済発展過程について、さまざまな観点からアプローチし、東アジアの現状について全体像を得ると同時に、その分析手法を確立したものである。通貨危機に端を発する経済成長の急激な落ち込みを東アジア諸国が経験する以前についての研究が中心となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アジアの工業化と経済発展の持続性
  • 第2章 アセアン4の輸出工業化と技術移転-産業高度化の模索
  • 第3章 発展途上国への直接投資と熟練労働市場-技術移転にともなう集積の経済性と信用制約
  • 第4章 多国籍企業の生産・投資決定について
  • 第5章 中国経済の国際化と華人資本のネットワーク
  • 第6章 東アジアの金融国際化と通貨危機
  • 第7章 世界経済の地域主義化と東アジア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの経済発展と国際経済
著作者等 上野 秀夫
書名ヨミ ヒガシアジア ノ ケイザイ ハッテン ト コクサイ ケイザイ
出版元 税務経理協会
刊行年月 2000.3
ページ数 203p
大きさ 22cm
ISBN 4419034491
NCID BA45960892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20037271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想