心理臨床の理論

河合俊雄 著

テクニックやHow toを教わるのではなく、理論を真に理解して体現し、心理学的な認識を深めることこそが、心理臨床において本当に必要な基礎である。心理臨床の理論とは、主観性のあり方に関する理論であり、それの反省である。心理療法家には、なりたいという個人的願望でなれるものではない。自らの主観性を選び、心理学的な見方や意識を明らかにして、心理学の主体を作り出すこと、そしてそれを反省することから、本当の心理学的考察が始まる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 心理臨床の歴史的パラダイム
  • 2 心理臨床の基礎の哲学的考察
  • 3 心理療法の諸学派
  • 4 精神医学的診断と治療論的見立て
  • 5 心理臨床の動き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理臨床の理論
著作者等 河合 俊雄
書名ヨミ シンリ リンショウ ノ リロン
シリーズ名 心理臨床の基礎 2
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.3
ページ数 200p
大きさ 22cm
ISBN 4000067079
NCID BA45936796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20058646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想