現代ホワイトカラーの管理と労働 : 企業労働の理論的・実証的研究

加藤正治 著

現代資本主義において管理者、技師・技術者、事務・販売労働者などいわゆる職員層・ホワイトカラーが質・量的に増大している。この間にホワイトカラーについての研究が重要視されてきた。しかし、生産と事務のオートメーションの発展による職員層を構成するそれぞれの部類の質・量的変化とその役割・状態の変化について研究されるべき領域を多く残している。本書は、このホワイトカラーの形成・増大とその階層文化についての研究の一環として、1960年代から80年代に至る企業における技術発展、とりわけオフィス・オートメーションとの関連でホワイトカラーの管理と労働の変化を理論的・実証的に解明することを試みたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ホワイトカラー労働の分析視角および研究課題
  • 第1章 鉄鋼大企業のホワイトカラー労働と管理-川崎製鉄の事例の検討を中心として
  • 第2章 電機大企業のホワイトカラーの位置-製造業6部門における電機大企業の位置
  • 第3章 電機大企業におけるホワイトカラーの雇用の動向-東芝を事例として
  • 第4章 電機大企業における能力主義管理の展開
  • 第5章 オフィス・オートメーションと企業労働-イギリス2企業の事例の検討を中心として
  • 第6章 コンピュータ・スペシャリストと労働-イギリス企業の事例の検討を中心として
  • 第7章 コンピュータ・スペシャリストと人間関係
  • 第8章 オフィス・オートメーションとホワイトカラーの労働と管理-クロンプトンとジョーンズの所説の検討を中心として
  • 第9章 ホワイトカラーと労働組合
  • 結章 今後の研究課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代ホワイトカラーの管理と労働 : 企業労働の理論的・実証的研究
著作者等 加藤 正治
書名ヨミ ゲンダイ ホワイトカラー ノ カンリ ト ロウドウ : キギョウ ロウドウ ノ リロンテキ ジッショウテキ ケンキュウ
書名別名 Gendai howaitokara no kanri to rodo
シリーズ名 阪南大学叢書 59
出版元 法律文化社
刊行年月 2000.3
ページ数 235p
大きさ 22cm
ISBN 4589024047
NCID BA45935352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20096293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想