外形標準課税 : その基礎知識と実務上の問題点

平川忠雄 著

地方法人課税小委員会での検討経緯と資料満載。外形基準4類型の導入シミュレーション展開。東京都独自構想案の具体的内容を分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 平成12年度税制改正大綱・答申における法人事業税改革への取扱い-その具体的な方向はどうなるか
  • 第2編 衝撃的な東京都法人事業税独自課税構想の内容とその課題-条例改正の方向と反論が通るか
  • 第3編 法人事業税の概要と税収の現状-実態はどうなっているのか
  • 第4編 外形標準課税の検討の経緯と法制化-課税標準の沿革と外形基準の実在がどう影響するか
  • 第5編 主な外形標準と地方法人税課税小委員会の報告の内容-何を外形基準にしたらよいか
  • 第6編 外形基準を事業税の課税標準に導入することの意義とその総合的問題点-外形標準課税の良い点、悪い点は何か
  • 第7編 外形標準課税を理解し、その問題点を認識するための「法人事業税」の仕組みなどの疑問点Q&A

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外形標準課税 : その基礎知識と実務上の問題点
著作者等 平川 忠雄
書名ヨミ ガイケイ ヒョウジュン カゼイ : ソノ キソ チシキ ト ジツムジョウ ノ モンダイテン
書名別名 Gaikei hyojun kazei
出版元 日本法令
刊行年月 2000.3
ページ数 194p
大きさ 21cm
ISBN 4539716778
NCID BA45912867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20052034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想