古代地中海世界の統一と変容

歴史学研究会【編】

前6〜8世紀、諸民族が出会い、征服と被支配、融合と分裂を生む。多様性と統一性を軸に古代世界を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代地中海世界への視覚
  • 第1部 古代地中海の多様性と統一への歩み(ギリシア世界の展開と東方世界
  • ヘレニズム世界の形成と東地中海
  • ヘレニズム時代における文化の伝播と受容-地中海東部諸地域におけるエジプト神信仰について ほか)
  • 第2部 古代帝国の解体と地中海世界の変容(元首政期の属州ガリア
  • 解体前夜のローマ帝国-遠心力と求心力の葛藤
  • ローマ帝国における「異教」とキリスト教 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代地中海世界の統一と変容
著作者等 大戸 千之
歴史学研究会
書名ヨミ コダイ チチュウカイ セカイ ノ トウイツ ト ヘンヨウ
書名別名 Kodai chichukai sekai no toitsu to hen'yo
シリーズ名 地中海世界史 / 歴史学研究会 編 1
出版元 青木書店
刊行年月 2000.4
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 4250200086
NCID BA45906853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20070151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想