江戸のオランダ人 : カピタンの江戸参府

片桐一男 著

江戸時代、ヨーロッパ諸国中で唯一日本との貿易を許されたオランダ人。出島に居を定められていた彼らだが、「参府」の時にはおよそ三ヵ月をかけて江戸との間を往復した。禁教下、道中は厳しい管理を受けたが、各地で様様な交流もなされた。将軍との謁見や幕府高官宅への挨拶回り、町中の宿での宿主一家の接待や学者との情報交換等である。今まで取り上げられてこなかったカピタンの参府旅行を総合的にエピソード豊かに解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 将軍謁見と贈り物
  • 第1章 出島の三学者、江戸へ旅する
  • 第2章 オランダ商館長=カピタンの江戸参府
  • 第3章 阿蘭陀宿-日蘭交流の舞台
  • 第4章 京の高瀬舟、人は乗せたか
  • 第5章 江戸参府におけるカピタンの遣銀と阿蘭陀通詞
  • 終章 日蘭関係とカピタンの江戸参府-判明・明確化のうえにみえてくること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸のオランダ人 : カピタンの江戸参府
著作者等 片桐 一男
書名ヨミ エド ノ オランダジン : カピタン ノ エド サンプ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.3
ページ数 310p
大きさ 18cm
ISBN 4121015258
NCID BA45905919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想