リスクとつきあう : 危険な時代のコミュニケーション

吉川肇子 著

リスクをどのように伝えるか!!所沢のダイオキシン汚染報道問題、東海村のJCO臨界事故など、リスクをどのように伝えるかというリスク・コミュニケーションの問題を心理学的に考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リスクはどのように伝えられているか
  • 第2章 リスク・コミュニケーションとは何か
  • 第3章 リスクを認識する
  • 第4章 専門家の役割
  • 第5章 増殖する不安
  • 第6章 参加と合意形成
  • 第7章 リスクとの共生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リスクとつきあう : 危険な時代のコミュニケーション
著作者等 吉川 肇子
書名ヨミ リスク ト ツキアウ : キケンナ ジダイ ノ コミュニケーション
書名別名 Risuku to tsukiau
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 2000.3
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 4641280304
NCID BA4590126X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20052613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想