ポスト・リベラリズム : 社会的規範理論への招待

有賀誠, 伊藤恭彦, 松井暁 編

本書は、現代の社会システムを見直し、オルタナティブを構想するための基礎的な理論として規範理論が必要だという考えに立っている。つまり、現在の制度疲労の内実と新しいシステム構想の検討のためには、システムが実現しようとした(実現しようとする)価値と規範の問題にまで議論を深めなければならないと考えている。現実の危機の深刻さと問題の複雑さとは、小手先だけの制度いじりや政策の微調整のみではすまないようなラディカル(根底的)な思考を求めているのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代リベラリズム
  • 功利主義-欲望に基づく規範理論として
  • 経済的リバタリアニズム
  • 倫理的リバタリアニズム
  • 現代コミュニタリアニズム
  • 社会主義-基本理念からの再構築にむけて
  • ラディカル・デモクラシー-「政治的なもの」の倫理化に向けて
  • 討議的民主主義-ユルゲン・ハーバーマスの民主主義理論について
  • 福祉理論-アマルティア・センの必要概念を中心に
  • 批判的法学研究-「法の支配」の行方
  • フェミニズム
  • 多文化主義-北米から見たその前提、価値、限界
  • エコロジー-実りある論争のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト・リベラリズム : 社会的規範理論への招待
著作者等 伊藤 恭彦
有賀 誠
松井 暁
書名ヨミ ポスト リベラリズム : シャカイテキ キハン リロン エノ ショウタイ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2000.3
ページ数 267p
大きさ 22cm
ISBN 4888485542
NCID BA45899077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20060991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想