ヴェネツィア史

クリスチャン・ベック 著 ; 仙北谷茅戸 訳

イタリア半島の付け根、アドリア海最奥部に位置する水の都-ヴェネツィアの歴史は、潟と運河と島からなるという地理特性さながら、独特の輝きを放っている。本書は、その起源から今日までを政治・経済・文化等の諸相にたどり、観光都市としての人気の秘密に迫る。巻末には地図・歴代元首・人口推移表を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 起源
  • 第2章 勢力の拡大
  • 第3章 黄金時代(13‐15世紀)
  • 第4章 栄華と凋落(16‐18世紀)
  • 第5章 滅亡から今日まで
  • おわりに ヴェネツィアの神話的イメージ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴェネツィア史
著作者等 Bec, Christian
仙北谷 茅戸
ベック クリスチャン
書名ヨミ ヴェネツィアシ
書名別名 Histoire de Venise

Venetsuiashi
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 2000.3
ページ数 174, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4560058253
NCID BA45898631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20067066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想