真賢木

河井酔茗 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 眞賢木
  • 眞賢木 / 3
  • 建國頌歌 / 5
  • 慶雲 / 6
  • 二神出征 / 8
  • 眞住吉之神 / 13
  • 木花之佐久夜媛 / 15
  • 須勢理媛 / 18
  • 大山津見神 / 21
  • 神神の時代 / 25
  • 南船北馬
  • 覺めよ島島 / 31
  • 哨兵はおもふ / 35
  • 昇る日章旗 / 38
  • その夜の北斗星 / 41
  • 白草地帶 / 42
  • 土を均らせ / 46
  • 敵影無し / 49
  • 激戰直後 / 54
  • 美しき血 / 56
  • 生ける文字 / 58
  • 不退轉の意志 / 61
  • 赤道祭 / 64
  • かささぎ / 68
  • 鵲に言ふ
  • 龍膽
  • 河清
  • 出土
  • 石人
  • 南方風物詩 / 73
  • -二十八章-
  • 普天の下
  • 普天の下 / 89
  • 南海舶 / 92
  • 南洋賦 / 96
  • 新防人 / 99
  • 來れ敵機 / 102
  • 不斷の祈 / 104
  • 欅 / 108
  • 噴火山上の更生 / 110
  • 水の色 / 114
  • 女性に / 117
  • 空しき厩 / 120
  • 夜の街 / 122
  • 或る會館 / 126
  • ゴムの木の傍らにて / 128
  • 不惜身命 / 131
  • 愛樹 / 135
  • 庶民子來 / 137
  • 三代の愛國詩 / 139
  • 戰塵 / 141
  • 刀身
  • 防火
  • 地圖
  • 日本魂
  • 大東亞戰爭
  • 振へ日本國民 / 149
  • 戰勝の春 / 151
  • 征け大陸へ / 153
  • 寒山寺 / 155
  • 大東亞戰爭 / 157
  • 奉祝 / 160
  • 祝勝 / 162
  • 戰時下の佳節 / 164
  • 老境一
  • 老境 / 169
  • 嗄れゆく聲 / 172
  • 優曇華の花 / 175
  • 女人濟度 / 177
  • 射干玉 / 179
  • つぶらなる實 / 182
  • 咲かざる花 / 183
  • 明けゆく空 / 185
  • 哀詩 / 188
  • 葉を味ふ / 190
  • 沙羅陀
  • 白菜
  • 罌粟
  • 三ツ葉
  • 寒山詩を讀む / 194
  • 歸依
  • 美人
  • 茅棟
  • 采花女
  • 炭 / 197
  • -十三章-
  • 笹の葉抄 / 203
  • 小笹
  • 茶の花
  • 秋の實
  • 樹齡
  • 一本の樹
  • イタチササゲ
  • 枸杞の根
  • 蔓薔薇
  • 南天
  • わか庭
  • 驪山
  • 疲れし土
  • 土を淨む
  • 黄昏
  • 冬近し
  • 凍雨
  • 白磁 / 220
  • 緑茶
  • 茶經
  • 更衣
  • シヤボン
  • 捺印
  • 遺書
  • 地上
  • 假面
  • 羂索
  • 護摩
  • 盛饌
  • 佛像
  • 臍輪
  • 生身
  • 研究室
  • ものおと
  • たね
  • 老境二
  • 草木に圍まれた家 / 235
  • 皺 / 239
  • 空を見たがら / 241
  • 無數の室 / 244
  • 正しき一票 / 246
  • 什麼 / 249
  • 展墓 / 251
  • 筑波の雪 / 254
  • たきもの / 257
  • 印を彫る人 / 258
  • 明滅 / 261
  • 微塵 / 264
  • 樹木の素質 / 266

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 真賢木
著作者等 河井 酔茗
書名ヨミ マサカキ
出版元 金尾文淵堂
刊行年月 昭和18
ページ数 268p
大きさ 19cm
NCID BA45870643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46026740
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想