カルタゴ人の世界

長谷川博隆 著

新興ローマと三たび死力を尽くして戦い、紀元前146年、歴史の闇に消え去ったカルタゴ。地中海全域に一大商業圏を築いた海洋都市国家は、一体、なぜこれほど栄えたのだろうか。その建国から滅亡までの歴史は?ローマとの関係は?カルタゴの国制や社会、ハンニバルの改革など、650年間、繁栄を謳歌した国の実像を徹底解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 カルタゴとローマとヌミディア(カルタゴ小史-政治の流れと社会
  • カルタゴ・ローマ条約(講座「歴史のなかの地中海」から) ほか)
  • 2 カルタゴの国制(カルタゴの国制と支配構造(講座「ハンニバル、一」から)
  • カルタゴの民主政-古代人の目と新説)
  • 3 ハンニバルをめぐって(カルタゴの民主化とハンニバル
  • 地中海的な視野をもった政治家ハンニバル-カルタゴ・マケドニア条約(講座「ハンニバル、二(A)」から) ほか)
  • 4 カルタゴ寸描(神と人と
  • 人身御供、とくに幼児の犠牲をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カルタゴ人の世界
著作者等 長谷川 博隆
書名ヨミ カルタゴジン ノ セカイ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2000.3
ページ数 340p
大きさ 15cm
ISBN 4061594230
NCID BA45859877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20050177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想