「遊べない人」の心理学

レノア・テア 著 ; 田口俊樹 訳

周りからいつも浮いてしまう、その場をたちまちシラケさせる、すぐキレる。「遊べない」「遊べなかった」人が危い…。子供も大人も豊かな人生を送るために大切なのは、正しく遊ぶこと!本書は、大人の精神衛生に関するひとつの新しい考え方として、遊びという概念を取り入れることを試みたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「遊び」はなぜ必要か
  • 第2章 人は生まれながらの「遊び上手」のはずなのに
  • 第3章 男と女の「遊び」はちがう?
  • 第4章 「ごっこ遊び」をしない子供が危い!
  • 第5章 人を成熟させる「遊びのルール」
  • 第6章 「遊べない人」になるか、「遊べる人」になるか
  • 第7章 「遊び」は歴史も動かす
  • 第8章 なぜ「遊べない人」になるのか?
  • 第9章 「遊び」は心を癒す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「遊べない人」の心理学
著作者等 Terr, Lenore
田口 俊樹
テア レノア
書名ヨミ アソベナイ ヒト ノ シンリガク
書名別名 Beyond love and work
出版元 講談社
刊行年月 2000.2
ページ数 327p
大きさ 20cm
ISBN 4062100843
NCID BA45846762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20042467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想