PRTRがみるみるわかる本 : Pollutant release and transfer register : 制度の概要から導入手順、実践事例までビジュアル解説

稲永弘 編著

PRTR(環境汚染物質排出・移動登録)制度とは、潜在的に有害な化学物質を、排出量等で直接規制するのではなく、排出量と移動量を事業所ごとに行政に報告・登録させ、行政がその情報を市民に公開するシステムである。わが国でもようやく、1999年7月に「PRTR法」として法制化された。本書では、このPRTR法が制定された背景やそのしくみを解説するとともに、具体的な対応方法を提案している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 PRTRとは何か
  • 第2章 先進各国のPRTRと日本のPRTR
  • 第3章 PRTRのしくみを知ろう
  • 第4章 他の環境関連システムとPRTR
  • 第5章 PRTRの導入はこうする
  • 第6章 PRTRの導入事例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 PRTRがみるみるわかる本 : Pollutant release and transfer register : 制度の概要から導入手順、実践事例までビジュアル解説
著作者等 稲永 弘
書名ヨミ PRTR ガ ミルミル ワカル ホン : セイド ノ ガイヨウ カラ ドウニュウ テジュン ジッセン ジレイ マデ ビジュアル カイセツ
書名別名 PRTR ga mirumiru wakaru hon
シリーズ名 Business selection
出版元 PHP研究所
刊行年月 1999.12
ページ数 163p
大きさ 21cm
ISBN 4569609244
NCID BA45844461
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20027628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想