計測における誤差解析入門

John R.Taylor 著 ; 林茂雄, 馬場凉 訳

John Taylorによるベストセラーが第2版となって登場、理工系1,2年生向きに不確かさの科学を講義、大工仕事から歴史的な実験まで広範な例を引き、最小限の予備知識でも大丈夫・。例題、演習問題はよく練られており、この教科書の価値を倍加。物理や化学などの理工系学生実験用テキストとして好適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 誤差解析とは何か
  • 2 実験レポートにおける誤差評価の使い方
  • 3 誤差の伝播
  • 4 ランダム誤差の統計的取扱い
  • 5 正規分布
  • 6 データの棄却
  • 7 加重平均
  • 8 最小二乗法によるあてはめ
  • 9 共分散と相関
  • 10 二項分布
  • 11 ポアソン分布
  • 12 分布に対するカイ二乗検定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 計測における誤差解析入門
著作者等 Taylor, John R.
Taylor, John Robert
林 茂雄
馬場 凉
Taylor John R.
書名ヨミ ケイソク ニ オケル ゴサ カイセキ ニュウモン
書名別名 An introduction to error analysis. (2nd ed.)

Keisoku ni okeru gosa kaiseki nyumon
出版元 東京化学同人
刊行年月 2000.3
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 480790521X
NCID BA45839304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20050305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想