機能性化粧品の開発

高橋雅夫 監修

本書の初版は1990年だからもう10年前になる。こんど縮刷版を出すにあたって久し振りに見直してみたが少しも色褪せることのない内容に、執筆者の方々に改めて敬服した。本書は、ソフト寄りの最新傾向にウェイトをおいたもので、それだけに薬事法の「人体に対する作用の緩和なもの」という、医薬品や医薬部外品とは一線を画したところに留意する必要があった。たまたまその頃は、生活環境の変化からくる健康不安から健康食品に対する関心が高まり、さらに機能性食品という新しい分野が話題にのぼりはじめたころだった。そこで、化粧品にも学際的な研究開発の成果をうたった「機能性化粧品」を標榜(ひょうぼう)してもいいのではないかと思いついた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 機能性化粧品-時代の変化そして消費者
  • 1 関連法規と許認可手続き
  • 2 アイテム別機能の評価・測定
  • 3 機能性化粧品の効果を高める研究
  • 4 生体の新しい評価と技術
  • 5 機能性化粧品のための新しい原料
  • 6 機能性化粧品の市場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 機能性化粧品の開発
著作者等 高橋 雅夫
書名ヨミ キノウセイ ケショウヒン ノ カイハツ
書名別名 機能性化粧品

Kinosei keshohin no kaihatsu
シリーズ名 CMC books
出版元 シーエムシー
刊行年月 2000.2
版表示 普及版
ページ数 342p
大きさ 21cm
ISBN 4882310570
NCID BA45838662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20130162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想