カレンシーボードの経済学 : 香港にみるドル連動制の再考

白井早由里 著

本書は2部構成。第1部では、カレンシーボード制のしくみを理解することを目的とする。正統なカレンシーボード制の特徴としくみの紹介。香港、アルゼンチン、ブルガリア、エストニア、リトアニアなどが採用しているカレンシーボード制の共通点と相違点の分析。香港の為替制度の考察といったところがその中身。第2部は香港のマクロ経済パフォーマンスと貿易構造の分析。香港ドルの為替レートが均衡水準から乖離しているのか否かというミスアライメントについての検討を研究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 カレンシーボード制度(カレンシーボード制とは
  • 各国・地域のカレンシーボード制の比較
  • 香港におけるドル連動制(カレンシーボード制))
  • 第2部 香港におけるドル連動制の持続可能性(マクロ経済のパフォーマンスと産業構造の変化
  • 為替レートと価格水準の動向
  • 購買力平価仮説の検証
  • 実質実効為替レートのファンダメンタルズ・アプローチ
  • 価格の硬直性と経済政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カレンシーボードの経済学 : 香港にみるドル連動制の再考
著作者等 白井 早由里
書名ヨミ カレンシー ボード ノ ケイザイガク : ホンコン ニ ミル ドル レンドウセイ ノ サイコウ
シリーズ名 Policy studies series
政策研究シリーズ
出版元 日本評論社
刊行年月 2000.3
ページ数 246p
大きさ 21cm
ISBN 4535552088
NCID BA45832203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20042496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想