藤原忠実

元木泰雄 著

平安時代後期の摂政・関白。白河院による関白罷免と籠居を経験、復権後は次男頼長を支援して嫡男忠通と対立、摂関家を分裂させる。その一方で、院や院近臣の圧力に抗しながら衰勢の摂関家を支え、荘園や武力を集積して中世の摂関家の基礎を築いた敏腕の政治家でもあった。失脚と復権を経て保元の乱後の幽閉に至る波乱の生涯と、その人物像を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 忠実の生誕
  • 祖父と父
  • 苦難の出発
  • 白河院政の確立
  • 摂関家再興の努力
  • 興福寺の蜂起
  • 関白の罷免
  • 政界復帰
  • 大殿忠実
  • 分裂する政界〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤原忠実
著作者等 元木 泰雄
日本歴史学会
書名ヨミ フジワラ ノ タダザネ
シリーズ名 人物叢書 : 新装版 / 日本歴史学会 編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.3
版表示 新装版
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 4642052178
NCID BA45752680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20079183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想