21世紀日本の安全保障

広瀬善男 著

二十世紀末の1999年、小渕政権は多くの法律を一挙に成立させた。成立した法律とは、周辺事態法等のガイドライン関連法、通信傍受法、改正住民基本台帳法、国旗・国歌法等、多くの行政立法である。総じて言えば、一般市民の生活に関する国家統制的性格の強い法律ばかりである。「公共の福祉」がそうした立法を正当化する根拠とされているようである。こうして戦後の日本国民の精神生活の基盤として定着した「人権観念」は、西欧的天賦人権観から公共の福祉を広く解した「法律の留保」を認める人権観へ(人権の内在的制約論から国策的制限論へ)と急速に転換しつつあるように思われる。日本国民の人権観の時代的転機を示すものかもしれない。省庁の改編縮小は精神機能的には「小さな政府」を必ずしも意味しない実証例となるかもしれない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日米安保条約「再定義」と周辺事態法-その法と政治
  • 第1章 日米安保「再定義」による日米同盟の意義-批判とその問題点の検討
  • 第2章 南北人権観の系譜
  • 第3章 文明と文化そしてアジア
  • 第4章 二十一世紀における日本の安全保障

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 21世紀日本の安全保障
著作者等 広瀬 善男
書名ヨミ 21セイキ ニホン ノ アンゼン ホショウ : アラタナ ニチベイ ドウメイ ト アジア
書名別名 新たな日米同盟とアジア
シリーズ名 明石ライブラリー 15
出版元 明石書店
刊行年月 2000.1
ページ数 331p
大きさ 20cm
ISBN 4750312509
NCID BA4565466X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20035544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想