モラエスの旅 : ポルトガル文人外交官の生涯

岡村多希子 著

徳島で没して70年。日本を世界に紹介したポルトガル人作家の波瀾の人生!リスボン-モザンビーク-マカオ-神戸-徳島の足跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 旅立ち
  • 第2章 恋とアフリカと
  • 第3章 マカオ時代
  • 第4章 訪日とティモール問題
  • 第5章 神戸時代前期とヨネ
  • 第6章 神戸時代後期
  • 第7章 徳島の生活とコハル
  • 第8章 再会
  • 第9章 "有名人"モラエス
  • 終章 旅の終わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モラエスの旅 : ポルトガル文人外交官の生涯
著作者等 Moraes, Wenceslau de
岡村 多希子
書名ヨミ モラエス ノ タビ : ポルトガル ブンジン ガイコウカン ノ ショウガイ
出版元 彩流社
刊行年月 2000.2
ページ数 380p
大きさ 20cm
ISBN 4882025582
NCID BA45650603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20037245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ポルトガル語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想