山梔

野溝七生子 著

山梔のような無垢な魂を持ち、明治時代の厳格な職業軍人の家に生まれ育った阿字子の多感な少女期を書く自伝的小説。著者の野溝七生子は、明治30年生まれ、東洋大学在学中の大正13年、特異な育ちを描いた処女作の「山梔」で新聞懸賞小説に入選、島崎藤村らの好評を博す。歌人と同棲、後大学で文学を講じ、晩年はホテルに一人暮す。孤高の芸術精神が時代に先駆した女性の幻の名篇の甦り。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山梔
著作者等 野溝 七生子
書名ヨミ クチナシ
書名別名 Kuchinashi
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2000.2
ページ数 461p
大きさ 16cm
ISBN 4061976990
NCID BA4554693X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20038501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想