「新法」成立で揺れる教団

毎日新聞社会部 編

オウムは擬装集団化したのか。アレフと改称したオウム真理教。2000年1月28日公安庁の請求通り3年間の観察処分が決定した。違憲の疑いもある新法だが、その実効はいかに。内部崩壊も取沙汰される教団の事件の全容。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第101回公判(1998年12月4日)「あなたしかしゃべる人いない」
  • 第102回公判(1998年12月17日)主任弁護人不在の法廷
  • 第103回公判(1999年1月14日)「ブラック・ジャック」にあこがれた
  • 第104回公判(1999年1月28日)報道に「うまくいった」
  • 第105回公判(1999年1月29日)「処刑」発言めぐり応酬
  • 第106回公判(1999年2月9日)サリンの死因めぐりやりとり
  • 第107回公判(1999年2月10日)「人を殺した者しかわからない」
  • 第108回公判(1999年2月25日)「激しく暴れていた」
  • 第109回公判(1999年2月26日)「当然、死刑を望みます」
  • 第110回公判(1999年3月11日)「何もしないこと許されなかった」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「新法」成立で揺れる教団
著作者等 毎日新聞社
毎日新聞社社会部
毎日新聞社会部
書名ヨミ シンポウ セイリツ デ ユレル キョウダン
書名別名 Shinpo seiritsu de yureru kyodan
シリーズ名 オウム「教祖」法廷全記録 5
出版元 現代書館
刊行年月 2000.2
ページ数 374p
大きさ 19cm
ISBN 476847005X
NCID BA45522294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20125671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想