ロマン主義のヨーロッパ

神奈川大学人文学研究所 編

近代ヨーロッパの知的精神を読み解く。18世紀末から19世紀にかけて、激動する社会と知的価値観の動揺に直面したヨーロッパ知識人の精神活動を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 闇と悪の系譜-ドイツ・ロマン主義への一視角
  • イギリス・ロマン派の詩と絵画における想像力-ブレイク、ワーズワス、ターナーとコンスタブル
  • イギリスのロマン主義とダンテ-コウルリッジのダンテ観
  • スタール夫人におけるロマン主義理論の形成
  • ルソー、ロマン派、フェミニズム覚書
  • ヴェネツィア、未来派、過去主義者-マリネッティ、ラスキン、レニエと近代化
  • ロマンティシズムとピューリタニズムの相関性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロマン主義のヨーロッパ
著作者等 伊坂 青司
佐藤 夏生
奥田 宏子
岩崎 豊太郎
松山 正男
神奈川大学人文学研究所
近藤 正栄
鳥越 輝昭
書名ヨミ ロマン シュギ ノ ヨーロッパ
書名別名 Roman shugi no yoroppa
シリーズ名 人文学研究叢書 16
出版元 勁草書房
刊行年月 2000.2
ページ数 205p
大きさ 22cm
ISBN 4326800461
NCID BA45473304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20041022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想