コーポレート・ガバナンスと会社法 : 日本型経営システムの法的改革

末永敏和 著

本書は、コーポレートガバナンスの諸論点について、著者が解釈論、立法論として論じた各種の論稿をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論(コーポレート・ガバナンス
  • 経営のモニタリング・システムとステイクホルダー『コーポレート・ガヴァナンス原則』の会社法的検討
  • 企業統治に関する商法等の改正案要綱について
  • コーポレート・ガバナンスと健全性確保)
  • 第2部 各論(会社の権利能力と企業の社会的責任
  • 株主総会論
  • 取締役責任の追及-株主代表訴訟制度論
  • 監査制度論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コーポレート・ガバナンスと会社法 : 日本型経営システムの法的改革
著作者等 末永 敏和
書名ヨミ コーポレート ガバナンス ト カイシャホウ : ニホンガタ ケイエイ システム ノ ホウテキ カイカク
出版元 中央経済社
刊行年月 2000.2
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 4502778230
NCID BA45377526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20038238
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想