失われた森

レイチェル・カーソン 著 ; リンダ・リア 編 ; 古草秀子 訳

生命への畏敬。20世紀の初めに生まれ、いち早くそのことに気づき、行動した女性がいた。これは、優れた科学者であり、文筆家であった彼女の残した多くの埋没原稿と書簡でつづる、現代エコロジーの原点ともいうべきひとりの人間の偉大な精神史である。名著『沈黙の春』を生んだレイチェル・カーソンの未公表原稿集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 若きカーソン-野生生物保護への関心(海のなか
  • 私の好きな楽しみ ほか)
  • 第2部 世界を理解する-自然研究、環境保全への考え(『潮風の下で』に関するイールズ夫人宛てのメモ
  • 失われた世界-島の試練 ほか)
  • 第3部 つながり-生態学、人間社会と自然美(たえず変貌するわれらの海辺
  • 野外観察ノートから ほか)
  • 第4部 『沈黙の春』-科学と利己主義、ガンの転移(消えゆくアメリカ人
  • 生物学を理解するために ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 失われた森
著作者等 Carson, Rachel
Lear, Linda J
古草 秀子
Lear Linda
リア リンダ
カーソン レイチェル
書名ヨミ ウシナワレタ モリ : レイチェル カーソン イコウシュウ
書名別名 Lost woods

レイチェル・カーソン遺稿集

Ushinawareta mori
出版元 集英社
刊行年月 2000.1
ページ数 299p
大きさ 20cm
ISBN 4087733254
NCID BA45376090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20033481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想